予備試験予備校の比較ーアガルートー

よく読まれている記事

予備試験おじさん
各予備校をランキング形式で表示されているこちらの記事もよく読まれているので、要チェックじゃ!

アガルートについて

予備試験おじさん
さあ、のりこくん、今日もこの時間がやってきたぞ。予備試験の予備校のこと教えるぞ。
のりこ
あ、おじさん!今日はいつも以上にやる気満々ですね。笑
予備校のこと教えてください!
予備試験おじさん
はっはっは、わしは毎日やる気に満ちておるぞ。今日はアガルートについて説明していこう。
今日のアジェンダじゃ。

アガルートは、もともとLECで講師をしていた工藤北斗先生が独立して2015年に立ち上げた、新しい予備校です。「資格の取得を目指す受験生のキャリア、実力、モチベーションが上がる道(ルート)になり、出発点・原点(ROOT)になる」という思いを込めて、「アガルート」という予備校名になっています。

他の多くの予備校と同じく、弁理士や行政書士など法律関係の難関資格を取り扱っていますが、メインは予備試験と司法試験向けの講座となっています。また、アガルートはオンライン専業の講座であり、特に司法試験対策の講座の受講生が多くなっています。テキストのわかりやすさと人気講師・工藤先生が売りとなり、着実に受講生数を伸ばしてきています。

のりこ
アガルート、名前の由来がなんだがすごく素敵ですね。
予備試験おじさん
そうじゃの、どの予備校にも思いがあるものなんじゃ、素敵じゃ・・・。ぐすん(涙)
のりこ
よ、予備試験おじさん、なに泣いてるんですか!つ、次行きましょう!アガルートはテキストがわかりやすいんですか?その辺りの特徴をもっと教えてください。
予備試験おじさん
なに言っておる。わしゃ、全然泣いておらん、、、ぐすん(涙)
のりこ
・・・
予備試験おじさん
と、特徴じゃ、アガルートの講座の特徴を伝えるぞ。

 

アガルートの講座の特徴

予備試験おじさん
アガルートの受講形態は、オンラインのみとなっておる。特徴は次の3つ!

1. テキストの圧倒的わかりやすさ
2. 人気講師・工藤北斗先生の存在感
3. 個別の定期カウンセリング

予備試験おじさん
では1つずつ説明していくぞ。

 

テキストの圧倒的わかりやすさ

アガルートといえばテキスト、と言っても過言ではないくらい、テキストのわかりやすさが売りとなっています。テキストは、教科書というよりも講義レジュメといった形で、講義を聞くとその内容が理解できるようになっています。そのため、法律の初学者が教科書や基本書として使うのにはレベルが高く難しいかもしれません。

アガルートのテキストは、基本的にフルカラーで作られています。そのことによって、視覚的に情報をキャッチ・整理し、知識をインプットすることができます。
また、テキストには、講師が厳選した情報のみが載っています。予備試験や司法試験の出題傾向を分析し、注力すべき分野や知識を洗い出して、必要な情報を必要な分だけテキストに反映しているのです。
さらに、レイアウトにもこだわっています。予備試験の知識量は膨大です。それらを効率よくインプットしていくために、科目特性に応じてアイコンやマークを作成し、見やすく、わかりやすいレイアウトとなるよう、工夫されています。

テキストは全体的にシンプルでさっぱりとしています。アガルートの講座では、このテキストに講義を聞きながら情報を書き込んでいき、自分なりのテキストを作成しながら勉強を進めていくことが重要なのです。

のりこ
テキストなのにフルカラーなんですね、見やすそう!
予備試験おじさん
そうじゃ、色を使ってわかりやすくシンプルにまとめられており、最近の流行りと言えるだろう。
のりこ
確かに私の友人の多くもシンプルが一番って言ってます。予備試験おじさん、流行りにも敏感なんですね!
予備試験おじさん
はっはっは、わしにわからんことはないんじゃ!
のりこ
さすがです、本当に頭が上がりません・・・
あ、ところで、講義を聞きながら自分でテキストに書き込んでいく、ということなんですが、その講義はどのようなものなんですか?
予備試験おじさん
のりこくん!ええ質問じゃ!そこなんじゃがな・・・んー、はっきり言って、講義自体の評判が良いとは言えんのじゃ、、、。その辺りも含めて二つ目の特徴について話していこう。

人気講師・工藤北斗先生の存在感

のりこ
工藤先生は私も知っています。司法試験業界では有名ですよね。
予備試験おじさん
その通りじゃ、LECから独立してアガルートを作った社長兼看板講師じゃ。彼について説明していくぞ。

工藤北斗先生は、もともと大手予備試験予備校のLECで講師として活躍していました。その当時から人気講師の一人であり、アガルートの社長となった今でも、最前線で講師として活躍しています。アガルートにはたくさんの講師がいるように感じますが、予備試験・司法試験関連のメインの講座は工藤先生が担当しており、他の先生との違いは歴然といったところです。

工藤先生は人気があり、司法試験業界では有名講師の一人です。しかし、それはテキストの質の評判が良いだけで、実は講義に対しての評価は軒並み低くなっているのです。下を向いて話していて何を言っているかわからない、聞こえにくい、早口すぎる、などが実際の受講生の声としてあがっています。

ただ、工藤先生がアガルートの看板講師であることに違いはありません。講座の内容やカリキュラムも、工藤先生の影響を大きく受けており、元LEC講師というだけあり、それらはLECの講座と似たものになっています。300時間の基礎講座が基本となっており、それに論文講座がある、といったカリキュラムが組まれています。

授業の質よりテキストの質を重視して、講義をしっかり聞かなくても学習を進められる、という方には工藤先生の授業でも十分でしょう。しかし、わかりやすい講義を受けたい、という方にはあまり向いていないかもしれません。

のりこ
工藤先生は人気なのに授業がわかりにくいんですか?
予備試験おじさん
んー、まあそういうことになる。話している内容自体は的確なんじゃが、とにかく話すのが上手じゃないんじゃ・・・。だから面白くなくてわかりにくいと言われておる。
逆に、何度も言っておるが、テキストを作るのはかなり上手。そこが人気のポイントとなっておる。
のりこ
なるほど、、、授業の質を大事にしたいか、テキストの質を大事にしたいか、といったところなんですね。
あ、予備試験おじさん、ところで、アガルートはオンライン専門の予備校ですよね?私一人だと勉強を続けられる気がしないんですが。
予備試験おじさん
それは問題ない。のりこくんのような人向けの個別フォローのサービスがあるんじゃ。詳しく話していこう。

個別の定期カウンセリング

アガルートでは、個別のフォローやサポートに力を入れています。予備試験1年合格カリキュラムを受講すると、月に1回、講師によるカウンセリングを受けることができます。ここでは、学習状況についてのヒアリングやアドバイスを通して、学習に対する不安を解消していきます。

また、1年合格カリキュラムにマネージメントオプションを追加購入すると、プロ講師による個別の進捗管理や答案添削を受けることができます。オンラインだと勉強が続けられるか不安、という声に応えたサービスとなっています。オンラインだからこその不安を軽減できるような工夫がされているのです。

この個別指導は、アガルートのラウンジで行う対面指導と、スカイプなどを通して行う通信指導があり、自分にあった方法で個別指導を受けることができます。

のりこ
個別のサポート、一人ではだらけちゃう私には本当にありがたいです。
予備試験おじさん
そうじゃの、オンライン専門の予備校だからこそ、こういったサポートは大事なんじゃ。資格スクエアも「資格スクエア・リアル」を行っていて、最近の流行りといえそうじゃ。
のりこ
予備試験おじさん、また流行りに詳しい・・・
予備試験おじさん
はっはっは、わしは何でも知っておるからな!
のりこくん、アガルートのことはもうバッチリかね?
のりこ
はい、予備試験おじさんのおかげでよくわかりました!
アガルートは、工藤先生が看板講師として活躍していて、テキストのわかりやすさが売り。そのテキストに講義内容を書き込みながら学習を進めていくのがアガルートの講座で勉強するときの基本的なスタイルなんですね!
予備試験おじさん
大正解じゃ!
のりこ
ありがとうございます!
あ、ところで、アガルートの講座の価格はどれくらいなんですか?やっぱり値段は一番気になる部分でして、、、
予備試験おじさん
おお、それを言い忘れておったの。アガルートの講座は、予備試験合格を目指す最もスタンダードなコース(予備試験1年合格カリキュラム)が、約80万円となっておる。先ほど説明したマネージメントオプションなしでこの価格じゃ。
のりこ
80万円・・・伊藤塾よりは安いけど、オンライン専門で、1年間という短期間の講座なのに少し高い気がしてしまいます。
予備試験おじさん
んん、司法試験合格までを考えたカリキュラムになっておるから、これくらいの価格は妥当と言えば妥当なんじゃ。予備試験合格にはお金がかかるんじゃ・・・
のりこ
そうなんですね、お金貯めます、、、
予備試験おじさん
そろそろ次に行こう。アガルートのメインの講座を2つ紹介しよう。

アガルートのメイン講座

予備試験1年合格カリキュラム

初学者が、1年間の学習期間で予備試験に合格することを目指すプランとなっています。総講義時間数は650時間以上です。1年間の間にこれだけの講義数をこなさなければならないため、かなり過密でタイトなカリキュラム設定となっています。

総合講義300(入門講座・基礎講座)

初学者の方が司法試験合格までの必要な知識を300時間でインプットできるように組まれたのがこの講座です。予備試験や法科大学院入試に向けての論文講座や問題演習につなげられるよう、法律の入門・基礎をマスターすることが目指されています。

のりこ
この総合講義300は1年合格カリキュラムにも含まれているんですか?
予備試験おじさん
もちろんじゃ、この総合講義300はアガルートの最も基本的な講義となっておるからのお。
予備試験おじさん
最後にアガルートの場所についてじゃ。先に話したように、アガルートには個別指導のラウンジがある。
のりこ
あ、そうでしたね!どこにあるんですか?

アガルートのラウンジについて

ラウンジは、早稲田、日吉、飯田橋、駒場、大阪の5ヶ所にあります。ラウンジでは、個別フォローの定期カウンセリングを受けることができます。講師への直接質問ができるだけでなく、自習室として利用することも可能となっています。

のりこ
予備校おじさん!ありがとうございます!
アガルートについてすごくよくわかりました。予備校選びの参考にします!
予備試験おじさん
それは何よりじゃ。しっかり自分にあった予備校を選ぶんだぞ!

アガルートのHP予備校比較ランキングも参考にな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です